2007年09月03日

平成17年の従業員数別平均年収(男性)

久々に記事を更新します。
国税庁のページを見てみましたら、民間給与の実態調査結果というものがありました。
平成19年度1月23日に更新されているPDFデータをダウンロードできますが、
そこに書かれていることによりますと、事業所規模別、つまり従業員数別の
平均年収が書かれていました。

今回は、男性だけを抜き出して表を作ってみました。
(女性、合計は別記事で作成します。また数字が違ったらごめんなさい。
 違う行を書いてしまって、値が違うということもありえなくはない)

区分 平均給与・手当(千円) 平均ボーナス(千円) 平均年収 平均年齢 平均勤続年数
1〜9人 4192 259 4451 48.0 14.1
10〜29 4455 436 4891 45.6 12.2
30〜99 4267 645 4912 44.0 11.5
100〜499 4398 984 5381 42.4 12.3
500〜999 4648 1222 5871 42.4 13.8
1000〜4999 4969 1487 6457 41.8 14.9
5000人以上 5478 1811 7289 40.4 16.2
4524 860 5384 43.9 13.2



私の主観ですが、月々の平均給与は小企業も中企業も大企業もそんなに変わらない
(若干大きいほうが、高いですが)
と思ったほど開きはないですね。

しかし、ボーナスがかなり大きく開きがありますよね。

結果、ボーナスを受け取れる額から、大企業の方が平均年収が高い、
というのが統計から読み取れるのではと思います。

ちなみに、私の場合、会社からもらっている給与とボーナスを当てはめると
事業規模が100〜499人、平均月収が439.8万(残業含めて、420万くらいか?)
ボーナスが98.4万(こんなにもらってないが、私は90万程度)、
平均年収が531.8万(私は510万程度)でしょうか。

PDFファイルにも書かれていますが、
従業員数10万人未満は男性は平均年収が445万円に対し、
従業員数が5000人以上は男性は729万円となっていて、
大きく離れていますね。

ちなみに、後で女性の事業所別規模平均年収も書きますが
こちらは小企業・大企業ほどんど変わりがありません。

また参考値として、平均年齢と平均勤続年数も書いてみましたが、
40代以上、勤続年数が10年以上の給与ということの統計です。

参考URL
http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2005/minkan.htm

[最新記事]
上場企業の平均年収の調べ方

[お勧め記事]
サラリーマンでも副業で平均年収をあげるアフィリエイト


posted by まこ at 14:14 | Comment(0) | 平成17年度年収
この記事へのコメント
コメントを書く

(荒らし対策のため、管理人による承認後、コメントが反映されます)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。