2005年08月03日

企業規模別の平均給与・平均年収の違い

国税庁の「1年を通じて勤務した給与所得者」を見ますとと
企業規模別の平均給与のデータが掲載されていました。

・資本金 2,000万円未満の株式会社→409万円(男性493万円、女性257万円)
・資本金10億円以上の株式会社→629万円(男性731万円、女性321万円)
・個人企業→274万円(男性346万円、女性236万円)

事業所規模別の平均年収と同じように
大きい、従業員数が多いところが高い給与が支給されるというデータが出ているようですね。

ただ、個人企業については現在この金額が平均かというと、今は違うのではと私は思います。
1つはネットビジネス(アフィリエイトなど)の普及です。

今まで会社で働くのが主なお金を手に入れる方法でしたが
アフィリエイトなど個人で事業を起すことで収入を得ることが可能になったことから
アフィリエイトを個人企業としている人が多い今、もう少し今は高いのではと私は思います。

[最新記事]
上場企業の平均年収の調べ方

[お勧め記事]
サラリーマンでも副業で平均年収をあげるアフィリエイト


posted by まこ at 13:30 | Comment(0) | 平均年収の比較
この記事へのコメント
コメントを書く

(荒らし対策のため、管理人による承認後、コメントが反映されます)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。