2005年08月05日

年齢別の平均給与・平均年収の違い

国税庁の「1年を通じて勤務した給与所得者」を見ますとと
年齢別の平均給与のデータが掲載されていました。
イラストのグラフだったので、表を作ってみました。

年齢 男性 女性 平均年収
19歳以下 183万円 147万円 167万円
20歳〜24歳 288万円 250万円 269万円
25歳〜30歳 394万円 301万円 358万円
30歳〜34歳 485万円 312万円 431万円
35歳〜39歳 580万円 303万円 495万円
40歳〜44歳 635万円 292万円 514万円
45歳〜49歳 676万円 270万円 523万円
50歳〜54歳 707万円 277万円 543万円
55歳〜59歳 697万円 273万円 697万円
60歳以上 520万円 251万円 520万円
平均 567万円 280万円 567万円



国税庁のページにも書いてあることですが、平均給与を年齢階層別にみてみますと、
男性では年齢が高くなるに従い平均給与も高くなり、50〜54歳の階層(707万円)が最も高くなりますが、
女性では年齢による較差はあまりないということがわかります。

自分の年齢でもらっている金額がどうかという1つの指標になるかと思います。

[最新記事]
上場企業の平均年収の調べ方

[お勧め記事]
サラリーマンでも副業で平均年収をあげるアフィリエイト


posted by まこ at 10:47 | Comment(1) | TrackBack(1) | 平均年収の比較
この記事へのコメント
これだけ40代50代の男性年収が高くても
長時間労働、サービス残業では
報われない気がします。
平均を200万低くても
週35時間ですむ方がもしかしたら
幸福であることもあるかもしれません。
Posted by at 2008年05月13日 11:52
コメントを書く

(荒らし対策のため、管理人による承認後、コメントが反映されます)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5632818

国税庁
Excerpt: 国税庁国税庁(こくぜいちょう)は、国家の歳入確保のため、所得税・法人税・相続税(以上、直接国税)、消費税・酒税(以上、間接国税)などの内国税の賦課・徴収を行う財務省の外局である。国税庁の地方組織として..
Weblog: 行政のしくみ
Tracked: 2005-08-08 23:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。