2005年08月05日

勤続年数別の平均給与・平均年収

国税庁の「1年を通じて勤務した給与所得者」を見ますとと
年齢別の平均給与のデータが掲載されていました。
イラストのグラフだったので、表を作ってみました。

年齢 男性 女性 平均年収
1年〜4年 398万円 226万円 318万円
5年〜9年 486万円 276万円 401万円
10年〜14年 566万円 304万円 473万円
15年〜19年 646万円 341万円 552万円
20年〜24年 693万円 364万円 602万円
25年〜29年 789万円 411万円 702万円
30年〜34年 805万円 410万円 730万円
35年以上 784万円 351万円 693万円
平均 567万円 280万円 461万円


勤続年数が長くなれば、年収も伴って高くなるという、
ある意味当たり前のデータといえばデータがでています。
ですが、金額面に関しては、データが平成13年度のものなので、今がそうであるかというと、そうでもないでしょうね。

不景気による企業のリストラなどが行われていますし
年数だけ長くても、実力がないと給与も伴わないでしょう。

また勤務年数が少なくても、転職時に給与交渉をすることで
グラフの金額より、初年度から収入を多くすることもできます。

それと個人の副業により年収をあげているケースもありますから、
勤続年数と上記のグラフは鵜呑みにしないほうがよいかなと感じます。




[最新記事]
上場企業の平均年収の調べ方

[お勧め記事]
サラリーマンでも副業で平均年収をあげるアフィリエイト


posted by まこ at 13:44 | Comment(0) | 平均年収の比較
この記事へのコメント
コメントを書く

(荒らし対策のため、管理人による承認後、コメントが反映されます)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。