2005年08月10日

大学生を家庭にもつ平均年収

大学生を持つ家庭の平均年収の記事がAllAboutに掲載されていました。
文部科学省が2004年に発表した2002年度学生生活調査によるデータです。
(調査結果は、4年制大学・昼間部に通う大学生のいる世帯の平均年収のデータ)

  学生が男性 学生が女性 平均年収
国立 811万円 860万円 831万円
公立 743万円 747万円 745万円
私立 905万円 938万円 920万円


大学生を持つ家庭の平均年収は国立で831万円、公立745万円、私立で920万円。
奥さんが働いた収入も加わる計算ですが、
大学生を持つ年代は40代〜50代が中心で、会社員なら年収が最も高くなるころでもあるために、
このような平均額になるとのことですが。

いやぁ・・・・高いですね!
私も大学には一応出ていますが、親には迷惑かけっぱなしだったなと思います。
驚いたのが、国立と私立でそんなに凄い年収の差はないのだなと感じました。
(とはいえ、180万円くらいの差はありますが)

今、私の年齢は30歳、子供はいません。
これから子供が生まれたらきっと50歳くらいに大学生にはなっているかもしれませんが
20年後にこんなに稼げるようになるのでしょうか。
いや、稼がないといけないのでしょうね。

金の亡者になる気はありませんが、しっかりと家庭を養っていけるよう稼いでいきたいです。

参考URL
http://allabout.co.jp/finance/ikujimoney/closeup/CU20040828B/

[最新記事]
上場企業の平均年収の調べ方

[お勧め記事]
サラリーマンでも副業で平均年収をあげるアフィリエイト


posted by まこ at 11:00 | Comment(0) | 平均年収ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く

(荒らし対策のため、管理人による承認後、コメントが反映されます)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。