2005年08月23日

個人請負、正社員、非正社員の平均年収比較

個人請負、正社員、非正社員の平均年収の記事を発見しました。
労働政策研究・研究機構の調べによりますと、各平均年収は

・個人請負409.2万円
・正社員587.4万円
・非正社員238.3万円

という結果が出ているそうです。

単純に結果から想像するとサラリーマンの方が個人で仕事を請け負っている人より
安定しているという結果が出ていますね。

正社員と個人請負の差は、178万円
正社員と非正社員の差は、349万円

随分平均年収に差がありますね。

ただし、個人請負内の平均労働時間は正社員よりも少ないため、時間あたりの収入額平均で比較すると、
両者の格差は23%、金額で480円程度に縮まるとのことです。

ただ単純に正社員の方が平均年収が良いから、いいのかというとそうとも限りませんよね。
まずは仕事の充実感、満足度が挙げられるでしょう。

正社員で自分の納得いく仕事についていればよいですが
会社という組織に所属する以上、納得のいかない仕事や人事異動になることもしばしばです。
一方、個人請負の場合、リスクが高かったり交通費やアプリケーション、パソコン代、光熱費、事務所(店舗)の住居費など
経費が自己負担の為、収入額から見てもかなり厳しいものもありますが、
仕事の内容では会社に所属しているより、生き生きとした仕事についている方も多いのではないでしょうか。

参考URL
http://kenzow.way-nifty.com/warehouse/2005/07/409258742383_e5fb.html

[最新記事]
上場企業の平均年収の調べ方

[お勧め記事]
サラリーマンでも副業で平均年収をあげるアフィリエイト


posted by まこ at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 平均年収ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く

(荒らし対策のため、管理人による承認後、コメントが反映されます)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。