2005年10月29日

フジテレビの平均年収

フジテレビの平均年収が掲載されていました。
平均年収は1497万円(平均年齢39.8歳)というデータが掲載されていました。
別のページでは、40歳でフジテレビはなんと2000万円近いという記事もありました。

額だけ見ると、すごすぎ!
と一瞬思っちゃいました。

一方、別の平均年収でアニメ業界でトップの東映アニメーションの平均年収707万円(平均年齢40.2歳)
というようです。
またアニメ業界2番手のトムス・エンタテイメントの平均年収は482万円(平均年齢33.6歳)と
テレビ局によっても随分平均年収の違いはあるようですね。

各テレビ局の平均年収なども調べられると面白いでしょうね。

参考URL
http://www.policyspace.com/vol13/kishimoto_syuhei_vol13.html
http://blog.goo.ne.jp/xpancom/e/4437743b9908c2cdd6d0da4c79fb14a1

[最新記事]
上場企業の平均年収の調べ方

[お勧め記事]
サラリーマンでも副業で平均年収をあげるアフィリエイト


posted by まこ at 17:37 | Comment(9) | TrackBack(0) | 平均年収ニュース
この記事へのコメント
ちなみにNHKってどうなんでしょう?給与平均って公開されていませんよね。されているのかしら…
わたしの知り合いはNHKでディレクターをしてますが、相当もらってそうです。生活を見る限りの想像ですが…その上、昼頃家を出て出勤し、夜8時にはもどります。ちなみに住んでるのはお金持ちが好んで住む海の近いエリア…通勤に小一時間かかるエリアです。忙しい時期はあるのかもしれませんが、つまり、勤務時間は、5〜6時間ほどかと思われます。勤務時間の短さ自由さにたじろぐ私に友達は「受信料払ってね〜」と笑いながら言いましたが、正直受信料を払いたくなくなってしまいました。
職種によっては拘束時間が長い上に民間に比べ安月給という人もたくさんいるのでしょうけど…たくさん叩かれている公務員に比べ、受信料で運営されていて割と高給なNHKや、独占企業状態の電力会社やガス会社(プロパンガス関係は大変?)も叩かれることも少なく安定しているなかなかうらやましい境遇のように思われます。
そうそうNHKに関して不満に思うことが一つ…余談ですがNHKって受信料で運営して撮影している映像をかなり高額で販売しています。博物館等で解説のための教育目的の使用の場合でも他の映像を保有する会社に比べ高いし値引きもしません。質は他と比べ高いのかもしれませんが、国民が支払った受信料で撮影してるのではなかろうか…と、少々の憤りを感じてしまうのです。
Posted by ちょんぼ at 2006年09月19日 09:49
放送業界は確かに高給の話は聞きますが、全員がそういう待遇と言うわけなのでしょうか?
確かに、アナウンサーや、管理職ならかなりの高給が期待できるでしょうが、彼らは厳しい競争を経て得た地位であるから、しかるべき報酬と認識すべきではないでしょうか。
成功した芸能人や野球選手の報酬が多いのも同じでは?彼らはそれなりにチャレンジして、結果を勝ち取った人種と捉えるべきでしょう。

そういう意味では、「競争原理」が働いていると思います。
また、彼らは、(今の状態を維持するためには)常に前に進まなければならないと言う事です。
日々、それなりに努力しているのではないかと思います。想像ですが・・・
(中には、そうでない人もいるかもしれませんが)
確かに、我々凡人にとっては、羨ましい限りですが・・・(色々な意味に於いて)
Posted by aaa at 2006年09月19日 23:45
 私が知る限り=大学の友人達を見る限り、アナウンサーではなくて一般社員も相当高いですよ。少なくとも、一種公務員の3倍程度。公務員が低いだけかもしれませんが。

 アナウンサーなどはある意味専門職で別の世界でプロ野球選手のようなものですが、他の人が高いのは単に業界が寡占で利益が膨大だからです。全然競争原理なんか働いてないですよ。

 こんなところで比較するのもなんですが、少なくとも入るときには、一般社員になる程度の競争は、某外資だって、某省庁だってあるので(ちなみに試験はほとんど意味ないです。1種試験は受かって当たり前で万一落ちたら学校で有名になる程度の試験。本番は就職活動自体で、人気のある民間企業の内定をいくつも取れる人でなければ有名省庁の内定など取れません。)あれが厳しい競争を勝ち取って得た地位というなら、他の業界だってそうです。

 aaaさんには私、比較的親近感を持っているのですが、なぜTV業界にはそんなに甘いのでしょうか???凡人なんてへりくだる必要も全くないと思いますが。

 後、ちょんぼさんの言うとおりです。なぜか、電気やガス会社には甘いんですよね…。役所より役所的で待遇だけ圧倒的にいいのに。ただ、あえて言うなら、電気やガス会社のカスタマーサービスは一般的に役所よりずっといいですよね。丁寧さや対応など。だから、皆さんに批判されないのだと思います。

 実際の社の体質なんかは見えないわけで、皆自分に接するところで判断するわけですから、逆から言うと、もっと市役所や県庁が顧客=住民への対応をきちんとしていたらこんなに批判を浴びないのではないでしょうか。
 
Posted by 無理もないですが at 2006年09月21日 09:06
>私が知る限り=大学の友人達を見る限り、アナウンサーではなくて一般社員も相当高いですよ。少なくとも、一種公務員の3倍程度。公務員が低いだけかもしれませんが。

そうだったんですか。
どうやら私の勉強不足だったようです。
所謂、裏方も相当の給料があるわけですね・・・

なんか、そういう話を聞くと、世間の批判ばかりして、いかにも庶民の味方の様な振る舞いをしているテレビに不信感が芽生えてきそうです。

>1種試験は受かって当たり前で万一落ちたら学校で有名になる程度の試験。本番は就職活動自体で、人気のある民間企業の内定をいくつも取れる人でなければ有名省庁の内定など取れません。

1種と言うのは、所謂、キャリア官僚の事ですか?
そんな話を聞くと、人生誤ったかな?と考えたりします。
今から思えば、キャリア官僚になって、2〜3回天下りしてのうのうと暮らす人生も悪くないかな?というスケベ根性が無いわけではありません。
省内で行われる(かもしれない)権力闘争や政治的な駆引きに興味が無いわけでもありません。

バブルの成せるわざかも知れませんが、私も引く手数多の状態(?)でしたが、青さ故、選んだこの会社。正しかったのか?間違いだったのか?
ストレスは溜まりますが、人間にとってはストレスも必要な刺激であることも感じます。
まるっきり不満というわけでもないところが悩ましいです。

話がそれてしまいましたが・・・

確かに、フジテレビの買収騒動の時、公表された平均年収は驚きでした。勿論、ニッポン放送も!広告料取りすぎですね。企業の広告料、高すぎですね。商品の仕入価格は、業界にもよりますが定価の20%もありません。利益はタレントとテレビ局に流れている−というところでしょうか・・・
Posted by aaa at 2006年09月21日 22:49
通りすがりの元在京民放ディレクターです。

ちょっとお話しさせてください。
忘れないうちに書きますがNHKさんが国一公務員の3倍というのはありえません。NHKが3倍というなら国家公務員は生活保護が受けられます。確かに準公務員では高いです。NHKさんは民放と違って今も確実に3年ごとに転勤があり、その強制転勤と多忙さゆえに離婚率や独身率、子供の転校回数なども桁違いという噂で、その上仕事量は民放と同等なので、あえてNHKに転職したいとは思う同業者はいません。多忙さを考えると時給は安いですよ。ちなみにNHKはかつて三井財閥から天下った会長があまりの給料の安さに同情して倍増させた歴史があります。教育補助を受けられるほど低所得だったため日本薄給協会となじられてました。

ディレクターはNHKも民放も給与が高いのは確かですが単に残業が多いからです。それでもサービス残業がかなりあります。他には危ない橋を渡る場合に、取材費(海外のスパイとか暴関係とかへのリベート)を多めに貰って残ったらチャッカリという人もいますがそういったお金は年収には反映されません。昼に出て行って定時で帰っているNHKのそのディレクターは私から言わせて貰えばちょっと疑っちゃいますね。

私自身は、金は良いけど年に何回家で寝たかという生活で、最後は腎臓壊して週に3回通院となり辞めました。確かに一般的なサラリーマンに比べると稼げましたが生涯年収分はとても貯まっていません。今は結婚式ビデオ制作会社の契約社員で生活保護すれすれです。12人採用されたディレクターの同僚で今も残っているのは、最ものんびり屋で年収も私の半分程度だった一人だけです。他は全員辞めました。新聞業界に転職した人以外は年収は下がったようですが、放送業界には誰も残っていません。

ディレクターは毎日数十人の赤の他人と接して、なおかつ大学教授から認知症の人とまで話を合わさなければなりません。精神的にはかなり無茶な状態が続きます。無理して番組作らなきゃ良いのにと言われても、他に収入のアテのないサラリーマンとしてそれを業務命令で受けたらやらなきゃなりません。「給料は安くて良いので、のんびり仕事させてくれ」という要求は出来ないんです。年俸1億やるからヤクザ撲滅のための番組を作れ。そのためにヤクザの事務所へ行って協力を仰いでこい。ここまで極端でないにしても「金で解決できないことを金で解決しようとしてしまう」のが放送業界の実態です。私にとっては過ぎたことですが、そういう業界が存在すること自体を一般社会が容認してゆくのかどうかは社会の課題に思えます。

私も給料の高さに目がくらんでその民放を選んだと言えばそのとおりなので、全ては自業自得です。でも中には人に感動を届けたいとか、社会の問題を発掘したいという意志を持ってやっていてなおかつ給料は低くて言いという人もいます。NHKにも民放にも。

長文失礼しました。
Posted by ATV at 2006年09月23日 22:44
 リアルな話、参考になりました。ありがとうございました。

 念のためですが、一応引用していただいたようなので。誤解を招く書き方ですみませんでしたが、私が3倍と言ってるのは民放です。民放の方なら良くご存知だと思いますが。NHKでも公務員よりはいいですが。

 ATVさんのお話はもっともです。ただ、他の分野でも、そういうところはあって、それぞれ、どうにか世の中少しでも良くしたいと思っている人が多いからだ、ということもわかってもらえればうれしいです。

(余談ですが、公務員だって、月平均二数十時間残業しても、残業代なんてほとんどでません。政治家の相手も訴訟の相手も苦情の相手もして、30過ぎても時給で言ったらファーストフードのほうがいまだに高いです。当然引越しの拒否権もなく、入院する人は多いし、体壊して退職する人も、少ないですが自殺する人も毎年います。

 でも、それでも私自身は体も壊さず、仕事があるのもありがたいことで、感謝していなければならないとATVさんのコメントを読んで痛感しました。)


 
Posted by 無理もないですが at 2006年09月24日 15:04
私の知人のNHKディレクターはいったい何なんでしょうね〜少なくともこれまで入社以来一回も転勤してないですよ〜少なくとも9年。渋谷にずっといるって、超エリートなんでしょうかね〜ATVさんのお話からしてもとっても謎ですね〜。どうしてだろ?
どの世界にもいろいろな境遇の人がいるものですね。本人が何を大切に生きてゆくか…と、言うことになりますでしょうか。儲かってもやり甲斐のない事はしたくないわけで、でもあんまり貰えないのはいやなわけで…たくさん貰っている人はうらやましい…勝手だとわかりつつ…正直なところです。
ですが、とにかく感謝と、向上心をもって勤めたいと…思います。
Posted by ちょんぼ at 2006年09月26日 17:24
前回、個人的な経験を書き殴ってしまい、読まれた皆様が御気分を害されていないか心配で再び覗かせていただきました。
前回は失礼しました。丁寧なレスをいただきありがとうございます。自己主張ばかりだったことは恐縮しています。

公務員は身内にいます。職種による開きが民間のそれより大きいと感じます。身内は比較的楽な職場ですが、彼は自らが楽な部門にいる自覚があるほどには謙虚です。話を聞く限り、公務員で命削って仕事している人がたくさんいることも判ります。例えば、国事でなくても気象情報の注意報が警報に変わっただけで、食事中だろうが看病中だろうが役場に顔を出さねばならない人が世の中にかなりの数いるわけですね。平均年収というこのページの主旨から考えれば彼らの給料は少なすぎでしょう。

ちょんぼさま、初めまして。
その方の弁護になるのか暴露になるか判りませんが、マスコミの場合、有力者の子息が露骨に優先的に採用されます。中央だけでなくNHK地方局・地方民放でも県議子息や警察幹部の子息が多いです。その子息がいると言うだけで有力者への取材や内部リークの段取りはかなり楽になりますので。よく噂される社内の偉い人が知り合い、というコネは実は殆ど通用しません。

で、本題ですが、こういった理由で採用された方はたっての希望をしない限り異動しません。組織側としては「仕事適当で良いから、在籍してくれてさえいれば良い」のです。逆に業績を残せないので大きくは出世できません。大抵は記者かディレクターなど、新人でもタイムカードを擦らないでいい自己裁量職場にいます。
あとNHKで同じ職場に長期勤務が考えられるのは、高卒専門職のフランチャイズの経理職などです。
中には仕事が出来ない(番組制作現場で問題を起こした)などの理由で幽閉されることもありますが、ディレクターではあまり聞いたことがありません。NHKだと文化研究所(慰安婦番組でNHK批判したディレクターが今年異動させられて今ここですね)、民放だと市場調査部門・イベント部門(節税のための不動産や中古車業部門)などがその対象です。

また長くなってしまいましたね。大変失礼しました。
Posted by ATV at 2006年10月01日 17:41
ATVさん、ご丁寧なレス頂きまして…
わたしの知人は地方出身で両親は自営です。縁故採用を考えるとすれば在籍をしていれば有力者への取材や内部リークの段取りに有利…というのとは違うように考えられます。まあ、かなり高学歴ではあるし、無能な訳ではないと思われます。
弁護という言葉に対し弁解させて頂くと、特に個人を攻めたりしているわけではないのでご理解ください。勤務時間が短く、収入が良いっていう立場を多少うらやんでいるのは恥ずかしながら本当のところですが、だから知人がきらいって訳でもないですしね。
公務員の給与や公務員宿舎のことを騒ぎ立てているマスコミもどうなのよ…って感じているのは正直なところ。まあ、公務員でも確かにバスの運転手で1000万とか異常な例は憤りを感じますが、国家公務員でそうでない人たちも周りに結構沢山いらっしゃって、偏った報道に少しうんざりしています。公務員宿舎もきれいな一等地の者ばかり報道されていて、築50年の網戸も付いていない宿舎とかはぜったい扱わないですしね。
私が公務員な訳ではないので現状把握は叶わず、貰いすぎの人と、実力があって優秀で実務時間が長いのに貰えてない人がどのくらいの割合なのかわからないので、あまり強くは言えないのですが。
私のつまらない うらやまし〜 という気持ちが「ちなみにNHKってどうなんでしょう?」って書かせた訳です。民法は貰いすぎでもそれはうらやましいけど、NHKに対しての気持ちと少し違うんですよね。受信料を払ってるからなんですけどね。NHKは広告打てないし受信料は国民の義務だとしても(価格を下げてほしいけど)、公務員の様に安定して補償さているのにちょっと良い境遇のように思ってしまうんです。
Posted by at 2006年10月02日 22:01
コメントを書く

(荒らし対策のため、管理人による承認後、コメントが反映されます)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8729752
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。