2008年04月13日

平成18年の企業規模別の平均年収(男性)

前回は、平成18年の事業所規模別の平均年収を掲載しましたが、
今回は企業規模による平均年収の表を作ってみました。
企業規模は、株式会社を対象に資本金別で区分けをするという形で、
年収別に分けています。

  給与・手当 賞与 給与
個人 3013 275 3288
2,000万円未満 4175 390 4565
2,000万円以上 4232 638 4871
5,000万円以上 4246 799 5044
1億円以上 4698 1128 5826
10億円以上 5529 1802 7331
4636 976 5612
その他の法人 4389 601 !
4990
合計 4520 867 5387

株式会社以外に、個人と上記の資本金別には含まれない法人も入れてみました。

単位は前回と同じく、千円です。
これを見ると、資本金が一番高い10億円以上が、
733万円と、他の資本金の会社より
ずば抜けて高いことがわかりますね。

というよりも、10億円未満の会社の平均が
582万円より下ということなので、
逆に大企業以外は、低いということでしょうかね。

平成18年度は、大きい企業こそ強く、それ以外の企業は
比較的横ばいというのがデータから見て取れます。

また、個人の平均年収が328万円というのも、つらい現状を表していますね。
個人受託で仕事を請け負っている方も多くいらっしゃるでしょうが、
年収が低い上に、会社のような福利厚生なども自腹なので
ますます個人の方は厳しい状態が数値として見られます。


[最新記事]
上場企業の平均年収の調べ方

[お勧め記事]
サラリーマンでも副業で平均年収をあげるアフィリエイト


posted by まこ at 08:15 | Comment(0) | 平成18年度年収
この記事へのコメント
コメントを書く

(荒らし対策のため、管理人による承認後、コメントが反映されます)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。