2005年09月13日

外貨投資の種類

外貨投資にはいろいろな種類があります。
ここでは一般的に知られている外貨投資を掲載します。

●外貨預金

外貨預金とは、日本円以外の通貨(米ドル・ユーロなど)を日本の銀行に預けることです。
一番ポピュラーな例ですね。

外貨預金の特徴として
メリットとしては

・国内外の金利情勢によっては円預金と比べて外貨定期預金の金利が高い
・為替差益が得られる可能性がある

などが挙げられます。

またデメリットとしては

・為替差損の可能性がある
・円ベースで元本が保証されていない

があります。

●外国預金

外貨預金は、日本の銀行に海外のお金を預けることに対し、
外国預金は、海外の銀行にお金を預けることを言います。

●外貨建てMMF

外貨建てMMFの前に、MMFが何かの説明を先にした方がよいですよね。
MMFとは「マネー・マネージメント・ファンド」の略で、

短期の金融商品を元に運用される、投資信託のことを言います。

ちなみに、「投資信託」とは、じゃぁ、なんなのだという方のために
投資信託を説明いたしますと、
私達、お金の素人がお金を運用するのは難しい場合、
プロの運用担当者にお金を預けて、運用してもらうことを言います。

プロの運用担当者は当然利益が出たとき、そのうちのいくらかを収入を得るわけで
商売をしているので、自分達の生活もかかっていることもあり必死なわけです。

それで、外貨建てMMFとは海外の投資信託会社によって外貨で運用される公社債投資信託のことを言うわけですね。

●外国投信

日本で販売されている投資信託には、日本で設定されるので「国内投信」と言うのですが
海外で設定されて日本に持ち込まれて販売している投資信託のことを「外国投信」と言います。

●外国債券

外国債券とは、外国で発行された債券のことを言います。
(「債券」とは、国や地方公共団体、企業などが投資家から資金を借り入れ、そのかわりに発行する「借用証書」のこと)
外国債券は、ドル建て、ユーロ建て、ポンド建て、豪ドル建てなどさまざまな通貨建ての外国債券があります。

●外国株式
外国株式とは、外国の会社が発行する株式のことを言います。
米国や中国などに上場されている会社の株を買うことですね。

基本的には日本株と同じで外国株式の取引形態には三種類あります。
・国内に上場している外国株式を売買する国内委託取引
・投資家の注文を証券会社が受け、海外の取引所に取り次ぐ海外委託取引。
・証券会社が投資家の相手方となって売買を行う国内店頭取引
これら3つの外国株式があります。

●外国為替保証金取引(外国為替証拠金取引)

外国為替保証金取引とは、資金(保証金)を為替取引会社に担保として預けておき、外国為替取引を行なうことを言います。
外貨預金、外国預金は「銀行」に預けるのに対し、
外国為替保証金取引は「証券会社や為替取引会社」に預けるのが特徴ですね。

ただ、1つ外国為替証拠金取引を行うのに1つ注意があります。
ここ数年、外国為替証拠金取引(外国為替保証金取引、通貨証拠金取引、FX取引などとも言います)に
よる被害が急増をしているのですね。
TVで、この被害を特集している番組も行っていたり、あとは実際に私の祖母のところに勧誘の電話がかかってきたのですが
お金がある高齢者を狙って、無理矢理入れてしまうという悪徳業者もあるので気をつけなければいけません。
(私の祖母は、電話を聞いて怪しいと思ったらしく、断ったそうです)

外国為替証拠金取引を行う場合は、信用できる取引先、事前知識をつけられた方が良いので
外貨投資やるならねっと外為くん!などのサイトで事前に、資料を取り寄せをして、行うかどうかを決めた方が良いでしょう。
(なお、上記のページは資料取り寄せページ当然無料ですし、個人情報入力(資料を送付してもらうため)画面は送信するときに
SSLで暗号化されていますので(ブラウザに鍵マークが出ているはずです。送信時に外部に個人情報が漏れるということはないでしょう。資料を取り寄せたい場合はこういうところを見るのもポイントですね)

外貨投資とは

ここでは外貨投資で平均年収をあげる方法を模索してみます。

◆外貨投資とは

「外貨投資」、あまり聞きなれない言葉かもしれませんね。
外貨投資とは、文字通り、外貨(外国のお金)に投資をすることで、
お金を増やそうというものです。

何故外貨に投資をすることで、お金が増えるかというと、
それは為替の変動にあります。

一番わかりやすい例が、アメリカドルと日本円の関係でしょう。

アメリカドルを買い、その後円高になり、日本円の価値があがったときに
売り払うことで、収入を得ることができます。
これが一番わかりやすい、外貨投資の例ですね。

ただ、当然リスクもあるわけで逆に円安になった場合は損をしてしまいます。

外貨投資をするには、どのような手段があるのか
またそれぞれの外貨投資のメリットをあげていこうと思います。

私も外貨投資は勉強し始めたばかりなのですが、
勉強していくと、これがなかなか面白いのですよね。

外貨投資の種類
外貨預金
外国預金
外貨建てMMF
外国投信
外国債券
外国株式
外国為替保証金取引(外国為替証拠金取引)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。