2005年10月06日

平均年収を治療被験者でアップする

今まで平均年収をあげる方法を書いてきましたが、
今回は治療被験者で平均年収をあげる方法を書きます。

簡単に言うとバイトなのですが、治療ボランティアというもので
自分の体に何か悩みがある人が、治療の実験台になり効果を試してみるという、アレです。

例であげると治験募集ドットコムなどあります。

会社によって、治療被験者の募集要項が違いますが、
壮年性脱毛症、パーキンソン症薬、たばこを吸う方、通年性アレルギー鼻炎、便秘の方などで悩んでいる方など募集していることがあります。

治療被験者のメリットとしては、時間に換算して高収入を得られるところがあるのと、
日々の生活で行うため、仕事のあまり影響がない、
またうまくいけば、自分の悩みも無料で解消できることなど挙げられますでしょうか。

デメリットとしては、悩みがないと応募ができないこと
単発の仕事なので、ちょっとしたお小遣い稼ぎにしかならないなどですね。

自分に何か体についての悩みがある場合、治験募集ドットコムなどで自分の悩みと一致しているボランティアがないか探してみるのもよいかもしれません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。